FC2ブログ



このブログは更新を終了しました。
ネットで見かけただけの見ず知らずの私に、たくさんの物資を託してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

このブログは、支援やボランティアが必要だった「震災直後の記録」として、そのままの状態で残します。

これからは、物資の支援から、消費の支援へ。
被災地に行ってお金を使おう!

次の 2つのサイトを進めています。

&津波 アーカイブズ
http://and273archives.blog.fc2.com/


超私的な被災地ガイド
http://and273pg.blog.fc2.com/


今後の連絡先 and_273
LINE 微信 QQ

Aug 23, 2013



趣味が高じて買った積載車(クレーン付き)で週に1~2回、水没車を引っ張ったり吊り上げたりしています。
当初は空荷で往復してましたが、現在は皆さまからの救援物資も直送中。
「災害派遣車両」として高速道路が使えるようになり、ブログを始める余裕ができました。

東京での想像と、現実とのギャップ。
これを、少しでも埋めたいんです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そくいんのじょう、日本語です。
去年の夏にハマった韓流ドラマ、「華麗なる遺産」で出てきた言葉です。

困っている人を見かけた時に、同情して、余っている物を分け与える人は多い。
だけど、自分も一緒に困ってる状況で、自分も必要としている物を分け与えることができる人は、とても少ない。
余裕を分け与えるのではなく、貧しさを共に分かち合う心。
どんなに自分が困っていても、困ってる人を放っておけない心。
そんな説明でした。

たとえば……
社長がウソばかりついて、給料を払わない会社があったとしましょう。
社員は当然、生活に困窮します。

また今日も社長に裏切られた。
所持金が、2人合わせても52円しかない。
週明けまで、どうやって生き延びよう?
いや、週明け、月曜日に給料を払ってもらえるという保証はない。

こういう状況で、自分の部屋にある米を炊いて、冷凍してあった肉を焼いて、冷蔵庫にあった納豆も一緒に持ってきてくれる人がいます。
その一方では、自分はきちんと給料をもらっているにも関わらず、知らん顔して帰ってしまう人もいます。

さらには……
「私ももらってないの」
「ホントに困っちゃう!」
……などと、平気でウソをつく人もいます。


昔の日本は、士農工商という制度。
武士は、身分が一番高いとされていたけど、お金は持ってなかった。

(武士は食わねど高楊枝、ってやつ)

その一方で、商人はお金をたくさん持っていた。
でも、お金を持ってるだけでは、身分は上がらなかった。
その辺のバランスが、うまく取れていたのかもしれません。

現代は、ちがいます。
お金を持ってる人が、いちばん身分が上とされています。
お金だけは持ってて、セレブなどと言われてチヤホヤされてるけど、一緒に食事をしてみると、汚い食べ方にびっくり!
……というようなケースも、けっこう多いです。

そういう人は「成金」とか呼ばれて、見下されていたんですけどね。
ちょっと昔までは。

そんな成金でさえチヤホヤされる現代ですから、お金を目当てに平気でウソをつく人がたくさんいます。
人として恥ずかしいことをしてでも、お金を手に入れたい。
そう考える人も、たくさんいます。

そういう人達に腹を立てても、非難しても、ほぼ間違いなく治りません。
そして、1円にもなりません。
そういう人だと早めに見切って、付き合い方を工夫する。
それが、限りある自分の人生を楽しむコツではないかと。


さて。
今回の震災に関して、皆さんはどうでしょうか?

↑の給料の話と同じ。
知らん顔して我れ関せず、という人もいるでしょう。
「うちも被災しちゃって」とウソをついてる人も、いるかもしれません。

その一方では、同情して、余分に持っている物を分け与える人もいると思います。
このブログでは、そういう皆さんにご協力をお願いしています。
あるいは、どこまで自分の生活を犠牲するか?
その境界線の引き方に悩みつつ、少しでも募金したくて、生活費を切り詰めてる人もいるかもしれません。

しかぁ~しっ!

それはあくまでも、余裕があるから。
自分が被災してないから、だと思うんです。

仮に、もし、自分も被災していたら。
着の身着のまま逃げてきて、財産も何もない状態で、どうやって妻子を養っていこうか?
……という状況で、1万円札を拾ったら?

周りのみんなに黙って、全額を妻子のために使うんじゃないか?
あるいは、妻子にも黙って、自分で使うんじゃないだろうか?
困っている仲間、仲間の家族と分け合えるだろうか?

そうありたいとは思ってます。
相手の心の痛みを自分の心の痛みとして感じ取れる、野比のび太や車寅次郎のような人間でありたい、と思ってますから。

でも。
実際にそういう状況になった時に、そこまで強い人間でいられるだろうか?


被災地では、いろんな話を聞きます。

いい人だと思っていたのに汚いヤツだった、とか。
信用できないヤツだと見下していたら、ものすごくいいやつだった、とか。
妻子にお金を残すために、自殺しちゃった人もいるそうです。

政治家や経営者としての資質は、想定外の緊急事態でハッキリするようですが。
家も職場も何もかも失って、所持金も底を尽き、先がまったく見えない状態で1ヶ月以上。
そんな極限状態では、その人の本性や生き方が、ハッキリ出るみたいですね。

正しいとか間違ってるとか、賢いとか愚かだとか、そういう対立軸で語ることではない。
自分はどういう生き方(死に方)をしたいか?という、選択肢の問題。
だから、他人の結論を非難することはできないと思います。

惻隠の情。
あるいは、経営者としての責任、夫や父親としての責任。
この辺、あなたはどうですか?

被災してない現時点でのキレイ事を、最後まで貫けそうですか?


正直、私には自信がないです。
実際に被災地に来てみたら、そんな自信とかプライドは消えました。

寝たきりの患者さん達を放置して逃げて、助かった医者がいるそうです。
被災してない人達の間では、非難轟々だそうです。
でも、逃げてしまった気持ちがわかる光景が、目の前にあります。

私がその医者でも、逃げてしまったかもしれません。

自分が持ってるつもりの惻隠の情は、見せかけだけかも。
被災地に来るたびに、そんなことを自問自答しています。


惻隠の情ではなく、ただの同情でもかまわない。
1人1人が、今できることの中から最善だと思うことをがんばっていく。
今は、それしかないですよね。

※実際にお金を拾ったら、交番へ

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
青森県沿岸部の被災状況
NEW Topics
基本セットで月8万円?
トヨタさん、ありがとう
迷惑ボランティア!と言われないために
お礼をいただきました
業者は敵か?
善意と商行為の境界線
ドナドナ
夕方に着いてしまった
被災地でのJAFM活動を始めました
もう1本の耳かき運動
まだそういう段階なんですか?
漁師さんはお金持ち?
個人ボランティアさんの故障とか
大人のオモチャ
利点もあるよ
Twitterとインターネットの欠点
続・お礼と物資のリクエスト
Twitterと日記とブログの違い
おばあちゃんに教わろう
仙台の牛タンがおいしい理由
ご提供ありがとうございます
戦争の時よりひどいですか?
被災されたあなたへのレクイエム
3個のリンゴと5人の村人
必要な生活物資
マイカーがダメなら助手席で
あの4地域はもう大丈夫?
トラックか?軽トラックか?
結論は下道
ドタキャンされてもニッコリ笑顔で
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は& 二七三は津波。東北地方太平洋沖地震 &津波。クレーン付き積載車で0泊3日の弾丸ボランティアを週に1~2回。全国からの支援が届きにくい地域に東京から直送中。ご協力をお願いします。〒100-8799 銀座郵便局私書箱469号 救援物資係 ※ガス欠や脱輪、パンクは1万円。積み込み回収は7万円。迷惑ボランティア!と言われる前にこっそり呼んでね

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。