FC2ブログ



このブログは更新を終了しました。
ネットで見かけただけの見ず知らずの私に、たくさんの物資を託してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

このブログは、支援やボランティアが必要だった「震災直後の記録」として、そのままの状態で残します。

これからは、物資の支援から、消費の支援へ。
被災地に行ってお金を使おう!

次の 2つのサイトを進めています。

&津波 アーカイブズ
http://and273archives.blog.fc2.com/


超私的な被災地ガイド
http://and273pg.blog.fc2.com/


今後の連絡先 and_273
LINE 微信 QQ

Aug 23, 2013



趣味が高じて買った積載車(クレーン付き)で週に1~2回、水没車を引っ張ったり吊り上げたりしています。
当初は空荷で往復してましたが、現在は皆さまからの救援物資も直送中。
「災害派遣車両」として高速道路が使えるようになり、ブログを始める余裕ができました。

東京での想像と、現実とのギャップ。
これを、少しでも埋めたいんです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「男はつらいよシリーズ」と「釣りバカ日誌」。
寅さんと、釣りキチ三平。
映画が好きな人に言わせると、日本の映画をダメにしたのは、この2人(2作品)らしいです。

でも、私は寅さんの大ファン。
「尊敬する人は?」と聞かれると、高田屋嘉兵衛、本田宗一郎、車寅次郎。
この3人の名前を、必ず挙げています。

そんな私が選ぶ、ベスト・オブ・寅さん。
全48作の中から、手っ取り早く寅さんの魅力を知るには、次の6作品。

・第1作
・第2作
・第11作
・第15作
★第17作
・第25作

★がついてる第17作が最高傑作だと、私は思ってるんですけどね。

ところが!
被災地でいろんな光景を見て、いろんな方の話を聞いて、ふと思い出した寅さん。
それは、このどれでもない、別の作品だったんです。

それが、寅さんの「こんにゃく物語」です。


昔、あるところに男がいた。
男はある日、この世の者とは思えないほど美しい女と出会い、恋に落ちる。
苦心惨憺の末にようやく口説き落とし、2人はめでたく結婚する。

しかし、2人の幸せは長くは続かない。
やがて女は病に倒れ、あっという間に亡くなってしまう。

男は泣いた。
来る日も来る日も泣き続けた。
3ヶ月が過ぎ、6ヶ月が過ぎても、愛する妻の面影が頭から離れない。

せめてもうひと目だけでも逢いたい!
その一心から、男は妻の墓を掘り返す。
しかし、そこにあったのは、腐り果てた肉の塊だった。

男は人生の無常を感じ、出家して仏門に仕えたという。


被災された皆さんの、津波に襲われた時の話。
つらい話ばかりです。

濁流に溺れながらも、必死で握り続けていた奥さんの手を、つい、離してしまった。
それっきり1ヶ月以上、奥さんと連絡が取れていない。
そんな話が、いっぱいあるじゃないですか。

自動車や漁具の例から考えると、だいたい半径2~3km。
でも、10km以上離れた沖合いでご遺体が見つかったケースもある。
とてつもなく広範囲、とても自分1人で見つけられるもんじゃない。
それはわかってるけど、でも、探さずにはいられない。

手を離してしまったことを謝って、きちんと弔ってやりたい。
1つでも多くの遺品を手元に残したい。

そういう気持ちから、毎日あちこちを探しまわってる人達のことは、東京でも報道されてますけど。
現地でも、実際にそういう方をよく見かけます。

こんにちは~
何を探してるんですか?
……なんて、とても軽々しく声をかけられないです。

一緒に探しましょう!と言ったところで、そう簡単に見つかるもんじゃないし。
それは、ご本人も承知の上で現場に来てるわけで。

客観的に見れば、ただの瓦礫(がれき)の山、災害ゴミなんだけど。
でも、その1つ1つには所有者がいる。(いた)
奥さんとか旦那さんとか、子どもとか親とか、ご先祖代々からのとか、その1つ1つが大切な品物だった。
……かもしれない。

そう考えると、ガレキを狙った窃盗団なんて、とんでもない話ですよね。

なので。
生きてるだけで丸儲けだよ!とか。
犠牲になった皆さんの分まで、前向きにしっかり生きていこうよ!とか。
1日でも早い復旧や復興のためには、1日でも早いがれきの撤去が必要だよ!とか。
被災してないよそ者が言っても、おそらくダメで。

被災された皆さんの中には、現状のままでもうちょっと時間が必要な人も、いるのかもしれません。


そして。
なぜ、自分だけが生き残ってしまったんだろう?
1人しか生き残れないなら、自分が死にたかった、とか。
あの時に手を離してしまった自分を、生涯ずっと抱えていく。

自分がその立場だったら、はたしてその重みに耐えられるだろうか?
そんなことを考えるたびに、ふと思い出すのが「こんにゃく物語」なんです。

全然ちがうだろ!と言われれば、それまでですけど。
どうしても、この2つがリンクしてしまいます。


ここで、ちょっと聞いてみたいんだけど。

「こんにゃく物語」の作品。
人生の無常を感じた直後、バッタリ出会った美人に、寅さんはまた恋をするの。

これって、どう思う?
寅さんらしくてOK?

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
ドタキャンされてもニッコリ笑顔で
NEW Topics
基本セットで月8万円?
トヨタさん、ありがとう
迷惑ボランティア!と言われないために
お礼をいただきました
業者は敵か?
善意と商行為の境界線
ドナドナ
夕方に着いてしまった
被災地でのJAFM活動を始めました
もう1本の耳かき運動
まだそういう段階なんですか?
漁師さんはお金持ち?
個人ボランティアさんの故障とか
大人のオモチャ
利点もあるよ
Twitterとインターネットの欠点
続・お礼と物資のリクエスト
Twitterと日記とブログの違い
おばあちゃんに教わろう
仙台の牛タンがおいしい理由
ご提供ありがとうございます
戦争の時よりひどいですか?
被災されたあなたへのレクイエム
3個のリンゴと5人の村人
必要な生活物資
マイカーがダメなら助手席で
あの4地域はもう大丈夫?
トラックか?軽トラックか?
結論は下道
ドタキャンされてもニッコリ笑顔で
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は& 二七三は津波。東北地方太平洋沖地震 &津波。クレーン付き積載車で0泊3日の弾丸ボランティアを週に1~2回。全国からの支援が届きにくい地域に東京から直送中。ご協力をお願いします。〒100-8799 銀座郵便局私書箱469号 救援物資係 ※ガス欠や脱輪、パンクは1万円。積み込み回収は7万円。迷惑ボランティア!と言われる前にこっそり呼んでね

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。