このブログは更新を終了しました。
ネットで見かけただけの見ず知らずの私に、たくさんの物資を託してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

このブログは、支援やボランティアが必要だった「震災直後の記録」として、そのままの状態で残します。

これからは、物資の支援から、消費の支援へ。
被災地に行ってお金を使おう!

次の 2つのサイトを進めています。

&津波 アーカイブズ
http://and273archives.blog.fc2.com/


超私的な被災地ガイド
http://and273pg.blog.fc2.com/


今後の連絡先 and_273
LINE 微信 QQ

Aug 23, 2013



趣味が高じて買った積載車(クレーン付き)で週に1~2回、水没車を引っ張ったり吊り上げたりしています。
当初は空荷で往復してましたが、現在は皆さまからの救援物資も直送中。
「災害派遣車両」として高速道路が使えるようになり、ブログを始める余裕ができました。

東京での想像と、現実とのギャップ。
これを、少しでも埋めたいんです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログを読んでる友人から。
「水没車を吊り上げた話は書かないの?」

クルマの趣味が高じて積載車を買うヤツは、かなり珍しい。
そういう興味からなのか、その辺の活動を詳しく知りたいみたいです。

でも……
水没車に関しては、所有権やら財産権やら保険会社やら、あるいは買い取ってくれだとか。
震災直後から時間が経つにつれて、被災された皆さまの考え方も目まぐるしく変化してきたので。

「このクルマをこっちに動かしてください」
……というご依頼だけではダメ。

「きちんと所有者のOKももらってます」
……ここを確かめてから、にしてます。

なので、水没車は最近、あまり扱ってないんです。

それと、もう1つ。
水没車を引っ張ったり吊り上げたりしてる画像を載せられない理由。

クレーンの操作、吊り上げがへたくそなのが、バレてしまう……


なので、ちょっと視点を変えまして。
水没車の引き上げをドタキャンされた話を。


各自治体の末端部では、今も人手が足りてない。
現場の職員の皆さんは日夜、ものすごい心労を重ねておられる。
それは、東京や大阪でニュースを見ている皆さんも、ご存知だと思います。

その人手が足りてない部分を、全国から駆けつけたNPO法人や個人ボランティアの皆さんがフォローしている。
そこもご存知だと思います。

「得手に帆あげて」
と言ったのは、本田宗一郎さん。
自治体の長所と短所、個人ボランティアの長所と短所。
お互いの長所、得意分野を活かし合う発想が大切なわけで。

もっと「上」の人達が、個人ボランティアはもう不要だ、来るな!とか言っても、現場では全然たりてない。
あるいは、自治体の末端として働く個人ボランティアは余ってても、自治体を通さない勝手ボランティアはまだまだ足りてない。

わざわざ役所に申し立てるほどじゃないんだけど。
隣近所の手前、うちだけが役所に言うわけにはいかないんだけど。
でも、実はかなり困っている。

そういうニーズに目を向ければ、人手も物資もまだまだ。
その点も、きちんとご認識いただきたいと思います。


その辺については、後日また書くとして。

そういう現場の皆さんからの、水没車のご依頼。
ある公共施設の室内に、スッポリはまり込んでる軽自動車。
これが、地域での今後のいろんな活動を考える上で、ヒッジョ~に邪魔らしい。

それに、自動車は4本のタイヤが地面に接してることを前提に作られているから。
寝っころがったり、ひっくり返ったり、逆立ちしてるような状態は、それ自体が地球に優しくない。
冷却水とか、オイルとか、燃料とか、硫酸とかが、流れ出たりもするわけで。

いろんなポーズで散らばってる1台1台を、きちんと4本のタイヤが設置した状態にしていく。
それも、大切だと思うんですけどね。

(海底に沈んだ自動車は、どうするんだろう?)

お役所のレベルで考えれば、まだまだヘリを飛ばして、行方不明者を捜索してる段階。
ひっくり返ってる自動車を起こしてる場合じゃない。
もちろん、それもわかってるんですけどね。


それで、所有者の方とは連絡ついてるんですか?

「いえ、それが、ご存命かどうかもわからないんです」

所有者に無断で勝手に移動するのは、トラブルの元。
「バンパーのこんなところに傷はついてなかった」
……とか何とか、難癖をつける人もいるんですよ。
傷がどうこう以前に、明らかな水没車なのに。

普通にきちんとお付き合いをして会話すれば、いい人なんでしょうけど。
こういう非常事態で、手持ちの現金も日に日に減っていく一方。
それも仕方ないのかも、ですけど。

勝手に動かしちゃって、いいのかなぁ?

でも、地域の皆さんの公共の施設。
炊き出しその他、今後の支援活動の妨げになる!
とにかく邪魔だ!!
……など、地域の皆さんからの「強い」ご要望があるなら。

この辺の権利関係、責任の所在を明確にしないと動けない。
なかなか面倒なもんですね、世の中って。


で。

「では、●日の午前中からお願いしますね」
……という話になって。
前夜から東京を出発して、当日の朝、行ってみれば。

「本当にすみません!」
「私たちよりもっと『上』からのひと声で、撤去しちゃいました」

現場の皆さんがいろんなケースを想定して、あちこちに話をして段取りを決めても。
「上」からのひと声で、すべてがひっくり返る。

会社勤めとか、役所勤めの皆さんには、普段からよくあることかもしれませんが。
自営業者ってのは、1人1人が、その「もっと上」なわけで。
どうにも納得しがたい、組織の論理ってやつですか?

この件について責任を取れる人と、最初から話をさせてくださいよ、とか。
その判断をした人と直接、話をさせてください、とか。
いえ、それはできないんです、とか。
そうやっていくつもの銀行や保険会社とケンカ別れしてきた私には、納得できない部分もあるんですけど。

でも。
こういう状況で、そんなこと言ってる場合じゃないですよね。

その場所は、もう水没車には困ってない。
そして、所有者の方は、ご存命だった。
それだけで十分ですよ。
……と、にっこり笑顔で退散するのでした。


……というわけで。

現場の人達が一生懸命にやってることが、「上」からのひと言でひっくり返される。
そういうムダは、あちこちで頻繁に起きてるみたいですよ。

組織での活動にも長所がある以上、仕方ないんでしょうけど。

組織のリーダーが、いつまで経っても決断できなかったり。
指示が二転三転したり。
責任逃れのための自分の保身策が、被災された人達よりも大切だったり。

そういう例が、ものすごく目につくじゃないですか。

いや、どこか特定の自治体とか、特定の国の政府じゃなくて、一般論として。
あくまでも一般論ですよ。
たぶん。


このゴールデンウィーク、個人ボランティアを考えてる方、おられますよね?

組織の末端、手足となって働く個人ボランティアとして、自治体に志願する人達も、もちろん大量に必要なんですけど。
自治体に上がってこない、草の根レベルのニーズに対応する勝手ボランティア?
そちらのほうにご参戦いただいたり、そういう人(私)をご支援いただければな、と思います。

もちろん、水没車や漁具も動かしますよ。
ドタキャンも何のその、にっこり笑顔で。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
結論は下道
NEW Topics
基本セットで月8万円?
トヨタさん、ありがとう
迷惑ボランティア!と言われないために
お礼をいただきました
業者は敵か?
善意と商行為の境界線
ドナドナ
夕方に着いてしまった
被災地でのJAFM活動を始めました
もう1本の耳かき運動
まだそういう段階なんですか?
漁師さんはお金持ち?
個人ボランティアさんの故障とか
大人のオモチャ
利点もあるよ
Twitterとインターネットの欠点
続・お礼と物資のリクエスト
Twitterと日記とブログの違い
おばあちゃんに教わろう
仙台の牛タンがおいしい理由
ご提供ありがとうございます
戦争の時よりひどいですか?
被災されたあなたへのレクイエム
3個のリンゴと5人の村人
必要な生活物資
マイカーがダメなら助手席で
あの4地域はもう大丈夫?
トラックか?軽トラックか?
結論は下道
ドタキャンされてもニッコリ笑顔で
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は& 二七三は津波。東北地方太平洋沖地震 &津波。クレーン付き積載車で0泊3日の弾丸ボランティアを週に1~2回。全国からの支援が届きにくい地域に東京から直送中。ご協力をお願いします。〒100-8799 銀座郵便局私書箱469号 救援物資係 ※ガス欠や脱輪、パンクは1万円。積み込み回収は7万円。迷惑ボランティア!と言われる前にこっそり呼んでね

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。