FC2ブログ



このブログは更新を終了しました。
ネットで見かけただけの見ず知らずの私に、たくさんの物資を託してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

このブログは、支援やボランティアが必要だった「震災直後の記録」として、そのままの状態で残します。

これからは、物資の支援から、消費の支援へ。
被災地に行ってお金を使おう!

次の 2つのサイトを進めています。

&津波 アーカイブズ
http://and273archives.blog.fc2.com/


超私的な被災地ガイド
http://and273pg.blog.fc2.com/


今後の連絡先 and_273
LINE 微信 QQ

Aug 23, 2013



趣味が高じて買った積載車(クレーン付き)で週に1~2回、水没車を引っ張ったり吊り上げたりしています。
当初は空荷で往復してましたが、現在は皆さまからの救援物資も直送中。
「災害派遣車両」として高速道路が使えるようになり、ブログを始める余裕ができました。

東京での想像と、現実とのギャップ。
これを、少しでも埋めたいんです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石巻、志津川(南三陸)、気仙沼、陸前高田。
東京や大阪でも何回も何回も報道されている、この4地域はもう大丈夫。
がれきや水没車の撤去も進んでるし、物流もだいぶ良くなって、コンビニやスーパーも営業を始めてる。
ガソリンも何とかなってきた。
だから、これからはこの4地域以外の、ほとんど知られてない町や、小さな漁村、人口20~30人ぐらいの集落とかに目を向けてください。
……という話を聞きます。

これ、あなたも聞いたことありますか?

それで、この4地域はもう大丈夫だ、と思ってませんか?


後半は正しいんですよ。
ほとんど知られてない町や、小さな漁村、人口20~30人ぐらいの集落は、まだまだたくさんの人手を必要としています。

でも……

石巻駅付近の中心部には、全国からの支援が集中している。
芸能人やスポーツ選手もたくさん訪問している。
それは事実です。

ところが!
私もそう聞いていたのですが、昨日、現地に行ってみてびっくりしました。

ここでは、2つの点を強調します。


まず、1つ目。

確かに、石巻市の中心部はすごいです。
がれきや水没車の撤去は進んだし、スーパーやコンビニへの物流もかなり回復してきました。

でも、同じ石巻市でも、中心部から離れると全然ちがいます。
中心部の映像を見て、石巻市全体がああなんだ、と思ったらダメなんです。

たとえば。
行政の上では同じ「石巻市」でも、まだ電気がないところもあります。

「とにかく、夜がまっ暗だからねぇ」
「発電機は燃料を使うから、みんなで時間を決めてるんですよ」

wh8CSv.jpg


ソーラー充電式のLEDライトが、まだまだ足りない。
石巻市の皆さんから、そういうリクエストをいただいてます。
……と、私が書いたら、どうでしょう?

これを読んだあなたは、もう信じてくれますよね?

(本当なんです)


2つ目。
石巻の中心部の映像を見て、南三陸や気仙沼や陸前高田も同じだと思ったら、それも違います。

そういう情報が独り歩きして、志津川(南三陸)や気仙沼、陸前高田も、石巻のような状態だと思われてしまっている。
でも現実には、気仙沼あたりは、石巻の10分の1ぐらいの人手。
皆さん、大変な思いをされていると聞きました。

町の中心部でさえ、そんな状況ならば……。

志津川(南三陸)も、「もう大丈夫」というウワサが流れてる地域の1つ。
町の7割で電気が復旧した、という話も聞いてました。

でも、実際に昨日の夕暮れ時にウロチョロしてみたら、このとおり。↓

h2ez2Q.jpg


夜になればまっ暗だし、水道も復旧してない。
水さえ足りてない。
そういう地域も、まだまだあるようです。

生きるか死ぬかの瀬戸際!という「生命の水」状態から、「いずれ必要になるから」というキープ状態まで。
「必要」とか「今すぐ」とか「大至急で」とか、レベルは様々かもしれませんが、足りてないのは事実ですよね。

あ。
電気はついてるんですよ。
とても小さい電気が、あちこちに。

はい。
電気が復旧したんじゃなくて、限られたガソリンや軽油を使って、発電機を回してるんです。
あるいは、ソーラー充電式のLEDライトの光。

それを見て、「生命の危機からは脱した」
「もう大丈夫」
……と報じる人も、いるのかもしれないけど。

私の感覚では、「まだまだ大丈夫じゃない」です。
そして、こういうところに、皆さまからの生活物資を直送しています。


あ。
必要な物資とか、安否情報とか、被災地からもっと情報発信してよ!
……なんて言ってる人もいますけど。

電気がこういう状態で、パソコンはもちろん、テレビにも不自由している。
ケータイの電池の残量が、とてもシビア。
余震のたびに「圏外」になる。

そして、ケータイは電波状況が悪くなると、たくさんの電力を消費してアンテナを探しまくる。
だから、ますます電池の残量が厳しくなる。

そういう状況では、インターネットへの情報発信なんて、できませんよ?

そういう地域でそういうニーズを聞き出して、代わりにネットで呼びかける。
それを、現地に届ける。
その辺が、「私に今できること」の1つかな、と考えています。

くり返しますが、「物資は足りてる」という報道があっても、その地域の全域で足りてるわけではありません。
「足りてる・足りてない」の判断基準も、これまた難しいですし。
どうか、ご協力をお願いします。


もう1つ。
これを見て、ふと思いました。

カー用品店で最近よく見かける、車内用のLED照明。
あれ、けっこう明るいじゃないですか。

不要になった級の自動車用のバッテリーを1個。
充電用のソーラー電池を数個。
そして、車内用のLED照明。
これを組み合わせて、お年寄りや子どもでも安全に使えるようにしたら?

……ふと、そんなことも考えたんですけどね。

これ、誰かやってみてよ、とか。
あなたの管轄でしょ?、とか。
こういう状況で、誰かに押しつけるのはスジ違い。

今、自分にできることの中から、最善と思われることをする。
……という原則に立ち返ると、優先順位が下がってしまうので。

これは、ひとまず保留。

h2ez2Q.jpg


これを見て、あなたは何も感じませんか?
青いカゴいっぱいに、ミネラルウォーターを届けたい!と思いませんか?
1人で全部はムリだけど、少しぐらいなら、と思いませんか?

既に、そういう直送ルートをお持ちなら、私の出る幕ではありませんけど。
その「少しぐらいなら」を積み重ねましょうよ。

「何かしたい!」
「でも、何をしたらいいかわからない!」
……と思ってる方が、これを読んでおられたら。

水、米、調味料、ソーラー充電式のLEDライト、など。
ぜひぜひ、お願いします。
m(_ _)m


以上、いろいろ書きましたけど。

大丈夫と言われてる4つの地域の、全域で大丈夫なわけじゃない。
むしろ、そういう情報のせいで、困ってる人達がいる。
そこはご理解いただきたいです。

そして、そういうところこそ、私たちのような勝手ボランティアの出番だと思うのですが、どうでしょう?



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
マイカーがダメなら助手席で
NEW Topics
基本セットで月8万円?
トヨタさん、ありがとう
迷惑ボランティア!と言われないために
お礼をいただきました
業者は敵か?
善意と商行為の境界線
ドナドナ
夕方に着いてしまった
被災地でのJAFM活動を始めました
もう1本の耳かき運動
まだそういう段階なんですか?
漁師さんはお金持ち?
個人ボランティアさんの故障とか
大人のオモチャ
利点もあるよ
Twitterとインターネットの欠点
続・お礼と物資のリクエスト
Twitterと日記とブログの違い
おばあちゃんに教わろう
仙台の牛タンがおいしい理由
ご提供ありがとうございます
戦争の時よりひどいですか?
被災されたあなたへのレクイエム
3個のリンゴと5人の村人
必要な生活物資
マイカーがダメなら助手席で
あの4地域はもう大丈夫?
トラックか?軽トラックか?
結論は下道
ドタキャンされてもニッコリ笑顔で
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は& 二七三は津波。東北地方太平洋沖地震 &津波。クレーン付き積載車で0泊3日の弾丸ボランティアを週に1~2回。全国からの支援が届きにくい地域に東京から直送中。ご協力をお願いします。〒100-8799 銀座郵便局私書箱469号 救援物資係 ※ガス欠や脱輪、パンクは1万円。積み込み回収は7万円。迷惑ボランティア!と言われる前にこっそり呼んでね

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。