FC2ブログ



このブログは更新を終了しました。
ネットで見かけただけの見ず知らずの私に、たくさんの物資を託してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

このブログは、支援やボランティアが必要だった「震災直後の記録」として、そのままの状態で残します。

これからは、物資の支援から、消費の支援へ。
被災地に行ってお金を使おう!

次の 2つのサイトを進めています。

&津波 アーカイブズ
http://and273archives.blog.fc2.com/


超私的な被災地ガイド
http://and273pg.blog.fc2.com/


今後の連絡先 and_273
LINE 微信 QQ

Aug 23, 2013



趣味が高じて買った積載車(クレーン付き)で週に1~2回、水没車を引っ張ったり吊り上げたりしています。
当初は空荷で往復してましたが、現在は皆さまからの救援物資も直送中。
「災害派遣車両」として高速道路が使えるようになり、ブログを始める余裕ができました。

東京での想像と、現実とのギャップ。
これを、少しでも埋めたいんです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全国の皆さんからの救援物資が、自治体の末端部分でダンボールごと山積みになっています。
その実態が報道されてから、かなりの日数が経っています。
でも、人手(全国からの個人ボランティア)は、まだまだ足りていません。

もう1つ気になるのは、災害派遣車両としての、高速道路の無料扱い。
皆さんの地元の市役所で、災害派遣等従事車両証明書というのを発行してもらえば、料金所の一般レーンで無料扱いになります。

ここまでは、どちらもよく知られた話。


ところが!

「そんな紙切れ、いくらでも発行しますから!」
「お願いだから、どうか私たちを助けに来てください!!」
……という自治体がある一方では。

「法人じゃないとダメです」
……と、志願してきた自営業者や無職の人達を追い返してる自治体もあるそうです。

勤め先や所属組織による差別。
これで、いったい誰が得をするんでしょう?


一般的に言えば、サラリーマンや公務員の皆さんよりも、自営業の人達のほうが時間の都合はつけやすいはず。
もちろん、休めば休んだだけ、モロに収入は減ってしまうわけですが。

それでも週に1回、日帰り参戦でよければ手伝いに行ける。
手伝いに行きたい。
だけど、毎週となると、往復の自腹はかなりキツイ!
(>_<)

……という人達は、全国的に多いはず。

くり返しますが、全国の皆さんからの救援物資が、本当に段ボールごと山積みになっています。

災害派遣等従事車両証明書は、法人じゃないとダメ。
……という判断が、たくさんの戦力をムダに眠らせてるように思います。


私は、自営業の仕事の一部を3年前に法人化したので、それで証明書は取れました。

報道でご覧になってご存知の方も多いと思いますが、地元の自治体や地元の皆さんで何とかできるレベルを超えています。
これは、1度でも現地に来ていただければ痛感していただけるはず。

自営業や無職その他、地元で門前払いをくらった方は、お気軽にご相談ください。

仕事がない!
就職が決まらない!
派遣切りされた!
……などと、震災前に言ってた人達は、どこで何をしてるんでしょう?

被災地に来ると、全国からいろんな職業の人達が駆けつけてます。
ある意味、これはものすごいチャンスだと思うのですが。


ちなみに。
災害派遣等従事車両証明書は、日付と利用区間を事前申請。
走行してから、あるいはETCレーンを通過してからの払い戻し等は、できません。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
水没車で菓子パン
NEW Topics
基本セットで月8万円?
トヨタさん、ありがとう
迷惑ボランティア!と言われないために
お礼をいただきました
業者は敵か?
善意と商行為の境界線
ドナドナ
夕方に着いてしまった
被災地でのJAFM活動を始めました
もう1本の耳かき運動
まだそういう段階なんですか?
漁師さんはお金持ち?
個人ボランティアさんの故障とか
大人のオモチャ
利点もあるよ
Twitterとインターネットの欠点
続・お礼と物資のリクエスト
Twitterと日記とブログの違い
おばあちゃんに教わろう
仙台の牛タンがおいしい理由
ご提供ありがとうございます
戦争の時よりひどいですか?
被災されたあなたへのレクイエム
3個のリンゴと5人の村人
必要な生活物資
マイカーがダメなら助手席で
あの4地域はもう大丈夫?
トラックか?軽トラックか?
結論は下道
ドタキャンされてもニッコリ笑顔で
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は& 二七三は津波。東北地方太平洋沖地震 &津波。クレーン付き積載車で0泊3日の弾丸ボランティアを週に1~2回。全国からの支援が届きにくい地域に東京から直送中。ご協力をお願いします。〒100-8799 銀座郵便局私書箱469号 救援物資係 ※ガス欠や脱輪、パンクは1万円。積み込み回収は7万円。迷惑ボランティア!と言われる前にこっそり呼んでね

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。