このブログは更新を終了しました。
ネットで見かけただけの見ず知らずの私に、たくさんの物資を託してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

このブログは、支援やボランティアが必要だった「震災直後の記録」として、そのままの状態で残します。

これからは、物資の支援から、消費の支援へ。
被災地に行ってお金を使おう!

次の 2つのサイトを進めています。

&津波 アーカイブズ
http://and273archives.blog.fc2.com/


超私的な被災地ガイド
http://and273pg.blog.fc2.com/


今後の連絡先 and_273
LINE 微信 QQ

Aug 23, 2013



趣味が高じて買った積載車(クレーン付き)で週に1~2回、水没車を引っ張ったり吊り上げたりしています。
当初は空荷で往復してましたが、現在は皆さまからの救援物資も直送中。
「災害派遣車両」として高速道路が使えるようになり、ブログを始める余裕ができました。

東京での想像と、現実とのギャップ。
これを、少しでも埋めたいんです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、ゴールデンウィークも後半。
今年は、5月2日(月曜)が平日で、今日6日(金曜)が平日。
あとはカレンダーが赤だったり青だったりするので、貴重な平日です。

平日じゃないとできないことって、たくさんあるんですよね。
それで、あっという間に1日が終わってしまいました。


今回は(前回は)急に東京に帰ることになったので、駅の駐車場にトラックを乗り捨てて、新幹線で。
したがって今回も、新幹線で被災地へ。

なので、皆さまから送っていただいた支援物資を、銀座郵便局に取りに行くことはできませんでした。

いや、行くことはできたんだけど。
大量の段ボールを抱えて、電車とか新幹線には乗れないので。
それに、前回の分がまだ、駅の駐車場に乗り捨ててきたトラックの中に、入ってるので。

次回は、きちんとトラックか軽トラックで取りに行きます。


ところで。
駅の駐車場には、「大型車は禁止」と書いてありました。

できるだけ邪魔にならないように、いちばん奥の端っこに停めたし。
他県ナンバーで、「災害派遣」って貼ってあるし。
大型車じゃなくて、中型車だし。

大丈夫ですよね?
……と、ちょっぴりドキドキしながら行ってみたら、大丈夫でした。

ダメだったのかもしれないけど。
レッカー移動はされてなく、貼り紙とかもされてなく、事務所(会社名義なので)にも連絡がなく。

もしかして……
この駅は、これからも使える?

笑うかもだけど。
トラックを何日か置ける駐車場って、けっこう難しいんですよ。

高さ制限だけじゃないんです。
入る時に、曲がり切れなかったり。
縦に2台分のスペースを占領しちゃうから、2倍の金額を要求されたり。
入るのは大丈夫だったけど、出るのが大変だっり。

なので、4tトラック(の大きさの2tトラック)OKの駐車場は、カーナビに登録しまくってます。


さて。
0泊3日の弾丸ボランティアの初日とは言っても、今回の初日は夜からの出発。
それも、新幹線で爆睡して、あっという間に終点の仙台で、最後の1人。

(青森行きだったら危なかった)

そんなわけで、日記のように書ける内容は、無いよう。

そこで、今回は、Twitterと日記とブログの違いについて、私が思うところを。


Twitterって、最後に「なう」を付けることが多いですよね。

「仙台駅なう」 ←いま、仙台駅にいます
「昼食なう」 ←昼食をとってます
「うなぎなう」 ←これは回文

つまり、今やってること、今その場で思ってることをつぶやくのが、ツイッター。

で。
「今日は、仙台駅まで行きました」
「仙台駅で降りたら、昼食をとりました」
「うなぎを食べたよ」
……と、1日を振り返って書くのが日記。

これに対して、「仙台まで行ったなら牛タンを食べなくちゃ」とか何とか。
読んだ人がコメントを付けられるようになってるのが、ブログ。

日記は、書いた人からの一方通行。
でも、ブログは書いた人と読んだ人の双方向(も可能)。
インタラクティブとも言われる、この双方向性がブログの特徴なわけです。

Twitter、日記、ブログ。
現在のところは、こういう区別でいいのではないかと。


で。
前回も書いたと思うけど。
津波にやられた被災地での活動は、日没までなんです。

夜は、危ない。
運転してたり、疲れて深く眠り込んでたりすると、余震に気づかないことがある。
起きてたとしても、暗いと海が見えないくい。

つまり、津波から逃げ遅れる。
水没車を引っ張りに来て、自分が水没してどうするの?

「暗くなったら海から離れなさい」
これは、被災地の皆さまからもくり返し言われてます。


というわけで。
現地での活動は、昼間だけ。
明るい時間帯にVAIOを開いてブログを書くのは、もったいない。
それは、夜でもできること、でしょ?

正直、ケータイからTwitterにつぶやくのも、きついことがあります。

そして、夜は夜で、またやることがあったりするので。
ブログは、東京に帰ってからでもできることでしょ?
……と、なってしまう。

なので。
このブログは、東京に帰ってきてから、少しずつ書く。
そういうパターンが、これからも続きそうです。


あ。
よく言われる、インターネットと新聞の使い分け。

速報性は、インターネット。
ちょっと遅れるけど、文字で詳しく読めるのが新聞。
だから、どんなにテレビが発達しても、新聞は廃れなかった。
この先、どんなにインターネットが発達しても、新聞は廃れない。
……と、言われてるじゃないですか。

その速報性が売りのインターネットが、近頃はさらに分化してて。

そこそこの速報性が、ブログ。
超速報性が、Twitter
……って解釈で、よろしいのではないかと。

よろしくないかもしれないけど。
私のブログとTwitterは、そういう使い分けでいきます。


……と、わざわざ事前に宣言するほどの内容では、無いよう。


さて。
ほとんど終電で来たので、もうすぐ日付が変わります。

夜明けまでに、海岸の近くまで移動しなくちゃ。

※被災地(海岸の町)から一番近い、つまり、駅から一番遠いコンビニは、どこ?
ガソリンスタンドは?
→ この2つのチェックが、けっこう大事

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
続・お礼と物資のリクエスト
NEW Topics
基本セットで月8万円?
トヨタさん、ありがとう
迷惑ボランティア!と言われないために
お礼をいただきました
業者は敵か?
善意と商行為の境界線
ドナドナ
夕方に着いてしまった
被災地でのJAFM活動を始めました
もう1本の耳かき運動
まだそういう段階なんですか?
漁師さんはお金持ち?
個人ボランティアさんの故障とか
大人のオモチャ
利点もあるよ
Twitterとインターネットの欠点
続・お礼と物資のリクエスト
Twitterと日記とブログの違い
おばあちゃんに教わろう
仙台の牛タンがおいしい理由
ご提供ありがとうございます
戦争の時よりひどいですか?
被災されたあなたへのレクイエム
3個のリンゴと5人の村人
必要な生活物資
マイカーがダメなら助手席で
あの4地域はもう大丈夫?
トラックか?軽トラックか?
結論は下道
ドタキャンされてもニッコリ笑顔で
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は& 二七三は津波。東北地方太平洋沖地震 &津波。クレーン付き積載車で0泊3日の弾丸ボランティアを週に1~2回。全国からの支援が届きにくい地域に東京から直送中。ご協力をお願いします。〒100-8799 銀座郵便局私書箱469号 救援物資係 ※ガス欠や脱輪、パンクは1万円。積み込み回収は7万円。迷惑ボランティア!と言われる前にこっそり呼んでね

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。