このブログは更新を終了しました。
ネットで見かけただけの見ず知らずの私に、たくさんの物資を託してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

このブログは、支援やボランティアが必要だった「震災直後の記録」として、そのままの状態で残します。

これからは、物資の支援から、消費の支援へ。
被災地に行ってお金を使おう!

次の 2つのサイトを進めています。

&津波 アーカイブズ
http://and273archives.blog.fc2.com/


超私的な被災地ガイド
http://and273pg.blog.fc2.com/


今後の連絡先 and_273
LINE 微信 QQ

Aug 23, 2013



趣味が高じて買った積載車(クレーン付き)で週に1~2回、水没車を引っ張ったり吊り上げたりしています。
当初は空荷で往復してましたが、現在は皆さまからの救援物資も直送中。
「災害派遣車両」として高速道路が使えるようになり、ブログを始める余裕ができました。

東京での想像と、現実とのギャップ。
これを、少しでも埋めたいんです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は「Twitterとインターネットの欠点」について書いたので、今日はその逆。
Twitterやインターネットの利点を実感しちゃいました。


昨日の時点で、皆さんからの支援が届きにくい地域で拾ったリクエストの1つ。
それは、「カマドが欲しい」でした。

まだまだ当分は、電気もガスも水道もない生活。
だけど身の周りには、たくさんの災害ゴミがある。

カマドがあれば、災害ゴミを燃やせる。
身の周りの災害ゴミを少しずつ減らせる。
上にヤカンや鍋を置けば、熱源としても使える。
……というお話。

それを、Twitterに流したのさ。


そうしたら、「薪ストーブを無料で設置してまわってるチームがありますよ」と、すぐに反応があって。
もう1件、そういう活動をされてる人達に関する情報もあって。

だけど、せっかくの被災地での昼間の時間帯。
VAIOを開いてる時間が、もったいない。
それは夜でもできることだから、と。

それで、後回しにしていたんですけどね。

間もなく、その片方の当事者さんからコンタクトあり。
それが、薪ストーブ「暖助」チームでした。

暖助プロジェクト(長野県から)
http://dansuke.wda.jp/


で。
これはいい!
自分でも1台、欲しい!
……と言ったら、こういう状況だから売ってる場合じゃないんです、と。

確かにそうですね。

で。
翌朝一番で、昨日の1軒に押しかけて、説明して。
「暖助」チームの皆さんに設置していただいたのさ。

設置スケジュールがタイトな中を、ムリにお願いしてしまったけど。
とても喜んでいただけたから、これはこれでよかったのかな、と。

で。
そこから2件、「暖助」チームさん達にくっついて歩いて。
続いて、私の心当たりで、もう1軒。
そこでも設置していただきました。


「カマドが欲しいんです」
……と言われて、ネットで呼びかけてみますね、と。
いつもなら、それで皆さまから届くのを待つわけですが。

「カマドが欲しいんです」
……と言われた翌朝に、持って来ましたぁ!、と。

これは、Twitterやインターネットの利点を活用できた例。

他にも、すぐ近くでこういう活動をされてるボランティアさん達がいる、とか。
別の場所では、こういう事例があって、こんなところが問題になっている、とか。
どこそこが渋滞してるとか。
どの辺で、個人ボランティアさんがガス欠になりそうで困ってる、とか。

笑うかもだけど。
橋が落ちて通行止めになってて、ものすごく迂回しなくちゃいけない、とか。
その迂回ルートの途中がものすごく渋滞する、とか。
予定が押して、とりあえず行かなくちゃ!とか。
行ってみたら、ガソリンスタンドが流されちゃってて給油できない地域だった、とか。

いろいろあるのよ。


でも、そういうの全部ひっくるめて考えてみると。
そして、昨日の「Twitterとインターネットの欠点」で、怖い部分を先に植え付けちゃったかも、だけど。

Twitterやインターネットも、包丁とか高校生のバイクとかと同じ。
欠点や危険性を知った上で、いかにうまく使うか?
使う人次第だと思うんです。

どう?
Twitterの利点に、気がついったー?


もう1つ。

東京や大阪の報道は、仮設住宅と原発に偏ってるかもだけど。

まだ電気がなくて、発電機も足りてなくて、ロウソクで生活してる人達がいる。
趣味ではなく、切実な状況で、ドラム缶風呂を「これから」設置しようとしてる人達がいる。
そういうところでは、↑で紹介した薪ストーブが、ものすごく喜ばれている。

そういう現実にも、気がついったー?


毎度お約束のフレーズだけど。
現地に行って活動するばかりが、支援じゃない。
現地で活動してる人達への、物資の後方支援とか。
Twitterでの情報支援とか。
その他。

あなたにも、できることはたくさんあるはずですよ。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
大人のオモチャ
NEW Topics
基本セットで月8万円?
トヨタさん、ありがとう
迷惑ボランティア!と言われないために
お礼をいただきました
業者は敵か?
善意と商行為の境界線
ドナドナ
夕方に着いてしまった
被災地でのJAFM活動を始めました
もう1本の耳かき運動
まだそういう段階なんですか?
漁師さんはお金持ち?
個人ボランティアさんの故障とか
大人のオモチャ
利点もあるよ
Twitterとインターネットの欠点
続・お礼と物資のリクエスト
Twitterと日記とブログの違い
おばあちゃんに教わろう
仙台の牛タンがおいしい理由
ご提供ありがとうございます
戦争の時よりひどいですか?
被災されたあなたへのレクイエム
3個のリンゴと5人の村人
必要な生活物資
マイカーがダメなら助手席で
あの4地域はもう大丈夫?
トラックか?軽トラックか?
結論は下道
ドタキャンされてもニッコリ笑顔で
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は& 二七三は津波。東北地方太平洋沖地震 &津波。クレーン付き積載車で0泊3日の弾丸ボランティアを週に1~2回。全国からの支援が届きにくい地域に東京から直送中。ご協力をお願いします。〒100-8799 銀座郵便局私書箱469号 救援物資係 ※ガス欠や脱輪、パンクは1万円。積み込み回収は7万円。迷惑ボランティア!と言われる前にこっそり呼んでね

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。