このブログは更新を終了しました。
ネットで見かけただけの見ず知らずの私に、たくさんの物資を託してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

このブログは、支援やボランティアが必要だった「震災直後の記録」として、そのままの状態で残します。

これからは、物資の支援から、消費の支援へ。
被災地に行ってお金を使おう!

次の 2つのサイトを進めています。

&津波 アーカイブズ
http://and273archives.blog.fc2.com/


超私的な被災地ガイド
http://and273pg.blog.fc2.com/


今後の連絡先 and_273
LINE 微信 QQ

Aug 23, 2013



趣味が高じて買った積載車(クレーン付き)で週に1~2回、水没車を引っ張ったり吊り上げたりしています。
当初は空荷で往復してましたが、現在は皆さまからの救援物資も直送中。
「災害派遣車両」として高速道路が使えるようになり、ブログを始める余裕ができました。

東京での想像と、現実とのギャップ。
これを、少しでも埋めたいんです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の夜のうちに三陸自動車道に乗って、東京に帰ってきました。

Twitterではたくさんの皆さんにご意見やアドバイスをいただきました。
本当にありがとうございました。


さて。
そのうちの1つ。
昨日の「利点もあるよ」でもちょっと書いた、個人ボランティアさんのクルマのトラブル。
これが、ちょこちょこと聞くんですよ。

たとえば……
どこそこの周辺にガソリンスタンドはありませんか?とか。
こんなアホなツイート、もうイヤ!とか。

地元の方に燃料を分けていただきました、とか。
絵に描いたような迷惑ボランティアですね、とか。

助けに来たはずなのに、助けてもらってどうするの?とか。
甘やかすな、ほっとけ!とか。

特定の個人攻撃をする意図はないから、1つ1つの詳細は書かないけど。

ガス欠、パンク、脱輪、居眠り運転、事故、その他。
恥ずかしいから伏せてるだけで、実はけっこう、ちょこちょこ発生しているらしい。


でも。
私としては、そういう人達を非難したり、批判するつもりは、ないんです。

みんなそれぞれ、自分の仕事を抱えながらの、自宅と被災地とを往復する生活。

そりゃぁ、仕事が終わって夜通し、朝までに被災地にとなれば、居眠り運転だってするでしょう。
がれきの中を走りまわっていれば、パンクだってするでしょう。
不慣れな肉体労働で疲れ果てれば、思わぬところで脱輪もするでしょう。

そういうのは恥ずかしいこと。
……と、個人ボランティアさん同士で罵倒するのは、いいと思います。
自分を戒める意味でも。

でも。
それを他人がどうこう言うのは、違うと思うんです。

一生懸命にやった結果としての、うっかりなんだから。
「ご苦労さまです」
「お身体は大丈夫でしたか?」
……でしょ?


で、気がついた。

水没車や水没バイクを吊り上げます、とか。
プレハブ小屋、発電機、投光機、冷蔵庫や洗濯機も運びますよ、とか。
東京の銀座郵便局の私書箱まで送っていただければ、皆さまからの支援が届きにくい地域に直送しますよ、とか。
……の、直接的なボランティア活動だけでなく。

せっかくの、クレーン付き積載車なんだから。
個人ボランティアさんのクルマがトラブってしまった時に、助けに行く。
そういう後方支援のニーズも、あるはずだな、と。

実際問題として、何もかもが大津波に流されてしまったわけで。
ガソリンスタンドが、これからようやく営業を再開できるかも、という状況。

工具とか機材を買い揃えたら、中古でも1~2千万円はかかってしまうのが、修理屋さん。
積載車とかレッカー車だって、軽トラックや乗用車の値段じゃ買えないわけで。
そして、「これじゃぁ迷惑ボランティアだ、恥ずかしい」という、ご本人の気持ちもある。

それに、全国から駆けつけた個人ボランティアさんの誰もが、クルマに詳しいわけじゃない。
スペアタイヤの交換とか、ブースターケーブルでのジャンピングとか。
ディーゼル車のガス欠なら、エア抜きとか。

そんな勉強をしに来たわけじゃないでしょ?

被災地を大学に例えるなら、全国から駆けつけた個人ボランティアはみんなが大学生。
そして、たくさんいる同期生の中で、私は自動車部。
クルマで困った時は相談してよ、と。

あまり深刻な相談をされても、困るんだけど。

地元の修理屋さん達の本格的な営業再開まで、まだ時間がかかりそうな現在。
よそ者がウロチョロして、個人ボランティアさんの故障車に対応する。
これは、悪いことじゃないだろう。
……と、思ったのさ。


ここで問題になるのは、金額です。

自分の生活や収入や貯金を犠牲にしながら、はるばる被災地までやって来ている個人ボランティア同士。
私としては、無料でサポートしたいところなんですが。

「甘やかすな!」
「ほっとけ!」
「思い切りぼったくって反省させろ!」
……などの声も、少なくないんです。
(特にガス欠)

それなら、相場よりもちょっと安いぐらいで、とも考えたんですが。
これは、被災された地元の業者さんや、近隣の業者さん達の営業妨害になる。
少しでも経済を回さなくちゃ!という意味で、よくない。
……というご意見もいただきました。

そして、トラックはお金がかかるという現実。
タイヤは大きいし、バッテリーは2個だし、オイルも量が多い。
電動ウィンチのモーターはともかく、ワイヤーは消耗品。
クレーンのワイヤーも何回も切ってるし、油圧系はメンテナンスが必要だし。
最後にトラックがつぶれた時に買い換えるための、積み立ても必要だし。
……と、計算してみると。

やっぱり、1台5万円とか6万円はいただかないと、ペイしない。
儲からないという意味ではなく、そのぐらいのコストがかかっている。

無料であっちこっち、皆さんを助けて回ることはできるけど。
そうすると、トラックが壊れた時点で終了。
さようなら、となる。

末長く続けることが、できないわけです。


ここで思い出すのは、ガソリンスタンド。
全国あちこち、地方では、ガソリンスタンドの閉鎖が問題になってますよね。

給油所の地面の下に埋めてある、大きな燃料タンク。
これが最近、次々と寿命を迎えていて。
交換するのに、およそ2千万円。

これを負担できず、廃業する給油所が相次いでいる。
ガソリンを入れるためだけに、隣の町のさらに隣の町まで行かなくちゃ、とか。

この話、聞いたことあります?

約40年後には、2千万円ぐらいの費用がかかる。
地域の給油所として末長く続けていくためには、この分は削っちゃいけない。
積み立てておくべきだった、と。

あとから他人が言っても、結果論なんですけど。

これは、皆さんの乗用車についても同じ。
トラックについても同じこと。
クレーンなどの装備がついていれば当然、それだけコストはかかるわけです。


で。
いわゆる相場よりも、高い金額を取ったほうがいい。
そんなご意見もいただきました。

理由の1つは、地元の業者さん達の仕事を奪わないため。
恥ずかしくない範囲で、地元の業者さんを利用してもらうべきだ、と。

理由のもう1つは、そんなにお金がかかるの?!という、抑止力。
……だそうです。笑


たとえば、パンクとか脱輪とか、ガス欠とか。
出動1回につき1万円。
その場で解決できず、積載車に積み込んで運んだら7万円。

え?
ボランティアなのに、お金を取るの?
……と言う人もいる。

高いなぁ……
ぼったくりじゃん?
……と言う人もいる。

だからと言って、5万円にディスカウントすると。

え?
ボランティアなのに、地元の業者さんの仕事を奪うの?
……と言う人もいる。

値段を安くすれば親切に見えるけど、それで続けられなくなったんじゃ意味がない。
むしろ、それで撤退するなら無責任とも言える。
末永く続けられるように、きちんと請求するべきだ。
……と言う人もいる。

人それぞれ、いろんな意見があるもんですね。

ぼったくるつもりは、ないんです。
むしろ、できるだけ安く対応したい。
でも、地元の業者さんを困らせたのでは、それこそ迷惑ボランティア。

ご意見の1つ1つを拝聴しながら、ちょっと考えてます。


とりあえず……
次回からは、ガソリン缶も積んでいこう。

迷惑ボランティア!
……と、後ろ指をさされる前に、こっそり呼んでくださいね。

大丈夫。
秘密は守ります。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
漁師さんはお金持ち?
NEW Topics
基本セットで月8万円?
トヨタさん、ありがとう
迷惑ボランティア!と言われないために
お礼をいただきました
業者は敵か?
善意と商行為の境界線
ドナドナ
夕方に着いてしまった
被災地でのJAFM活動を始めました
もう1本の耳かき運動
まだそういう段階なんですか?
漁師さんはお金持ち?
個人ボランティアさんの故障とか
大人のオモチャ
利点もあるよ
Twitterとインターネットの欠点
続・お礼と物資のリクエスト
Twitterと日記とブログの違い
おばあちゃんに教わろう
仙台の牛タンがおいしい理由
ご提供ありがとうございます
戦争の時よりひどいですか?
被災されたあなたへのレクイエム
3個のリンゴと5人の村人
必要な生活物資
マイカーがダメなら助手席で
あの4地域はもう大丈夫?
トラックか?軽トラックか?
結論は下道
ドタキャンされてもニッコリ笑顔で
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は& 二七三は津波。東北地方太平洋沖地震 &津波。クレーン付き積載車で0泊3日の弾丸ボランティアを週に1~2回。全国からの支援が届きにくい地域に東京から直送中。ご協力をお願いします。〒100-8799 銀座郵便局私書箱469号 救援物資係 ※ガス欠や脱輪、パンクは1万円。積み込み回収は7万円。迷惑ボランティア!と言われる前にこっそり呼んでね

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。