このブログは更新を終了しました。
ネットで見かけただけの見ず知らずの私に、たくさんの物資を託してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

このブログは、支援やボランティアが必要だった「震災直後の記録」として、そのままの状態で残します。

これからは、物資の支援から、消費の支援へ。
被災地に行ってお金を使おう!

次の 2つのサイトを進めています。

&津波 アーカイブズ
http://and273archives.blog.fc2.com/


超私的な被災地ガイド
http://and273pg.blog.fc2.com/


今後の連絡先 and_273
LINE 微信 QQ

Aug 23, 2013



趣味が高じて買った積載車(クレーン付き)で週に1~2回、水没車を引っ張ったり吊り上げたりしています。
当初は空荷で往復してましたが、現在は皆さまからの救援物資も直送中。
「災害派遣車両」として高速道路が使えるようになり、ブログを始める余裕ができました。

東京での想像と、現実とのギャップ。
これを、少しでも埋めたいんです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
被災地で最近よく聞く言葉の1つが、これ。

「いま、一番お金を持ってるのは漁師だ」

4月下旬から、日本財団ナントカ、だったかな?
それが終わって、5月1日からは水産庁?
その辺、詳しくは知らないけど、要するに漁協からの仕事。

つまり、漁師さん達だけの特権で。
がれきを撤去する仕事で、日当1万2千円ぐらいがもらえるらしくて。
しかも、定員枠がかなり広かったらしくて。

家も職場も仕事の道具も流されてしまった人達。
今後の収入のメドが立ってない人達から見ると、そういう言葉が出てくるらしいです。


まぁ、そう言いたくなる気持ちは、わかるんだけど。
でも、ちがうよね?


いや、魚が好きだからって、漁師さん達に肩入れしてるわけじゃないよ。

そうじゃなくて。
がれきがなくなったら終わってしまう、期間限定の仕事。
それで食っていけるわけじゃないし。

家も自動車も船も流されてしまった、とか。
船はかろうじて残ったけど、船着場もなければ、市場もない、加工場もない。
それ以前に、発泡スチロールの箱がないし、氷もない。
漁業の再開まで3年はかかるだろう、と言われている。

牡蠣の養殖も、最初の収穫まで3年かかるらしいです。
しかも、今の時期に開始しないと、1シーズン(1年)遅れてしまうとか。

いちばん速いのは、ワカメの養殖なのかな?
食べる専門、聞きかじった知識だから、よくわからないけど。

その一方で、仮設住宅は2年ですよね?

そういう、まったく先の見えない状況での、1ヶ月か2ヶ月限定、せいぜい50万円前後の現金収入。
手元に、いくら残せると思いますか?


ここで、ちょっと思い出してください。

3~4年前だったかなぁ?
ネットカフェ難民って言葉があったじゃないですか。

たとえば、ビジネスに失敗して、離婚して独り身になって、住むところも失った人とかが。
ネットカフェ難民しながら、日雇い派遣でコツコツとお金を貯めて。
数ヶ月かけて、部屋を借りる資金を貯めて。
その間に温めた新しいビジネスで再起を!
……みたいな話が、よくあったでしょ?

あの日雇い派遣が、時給1千円ぐらい。
朝から夕方まで、8時間で8千円。
あるいは、夜勤で1晩1万円。
そこから風呂に入ったりネットカフェ代だったり洗濯だったりで、手元にいくら残るやら。

……と、考えると。

家がなく、日給1万2千円という状況は同じだけど。
奥さんや子ども達や、年老いたご両親の面倒もみなくちゃ、という、背負っているものがあるわけで。
しかも、2ヶ月ぐらいの期間限定の仕事なわけで。

ネットカフェ難民からの再起よりも、状況は厳しいと思うんですよ。


確かに、その収入さえ無い人から見れば。
そこはわかるんだけど。

「今は、一番お金持ちなのは漁師さんらしいよ」
「へぇ、そうだったんだ」
「じゃあ、支援物資は、もう要らないね?」
……と言われると、それは違うと思うんです。

せっかくの貴重な現金収入。
それは、できるだけ手をつけずに残しておきたい。

私だったら、そう考えるけどなぁ。

「現金収入があるんでしょ?」
……なんて言わないで、それは知らないフリをして。
今までどおり、応援していこう!と、思うんだけどなあ。

また、いつ次の余震で津波が来るか、わからないんだし。


あなたは?

「今この状況では、あなた達が一番お金持ちなんだから」
「それは貯め込まず、どんどん使いなさい」
「そうやって少しでも経済を回しなさい」
……とか、思う?

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
まだそういう段階なんですか?
NEW Topics
基本セットで月8万円?
トヨタさん、ありがとう
迷惑ボランティア!と言われないために
お礼をいただきました
業者は敵か?
善意と商行為の境界線
ドナドナ
夕方に着いてしまった
被災地でのJAFM活動を始めました
もう1本の耳かき運動
まだそういう段階なんですか?
漁師さんはお金持ち?
個人ボランティアさんの故障とか
大人のオモチャ
利点もあるよ
Twitterとインターネットの欠点
続・お礼と物資のリクエスト
Twitterと日記とブログの違い
おばあちゃんに教わろう
仙台の牛タンがおいしい理由
ご提供ありがとうございます
戦争の時よりひどいですか?
被災されたあなたへのレクイエム
3個のリンゴと5人の村人
必要な生活物資
マイカーがダメなら助手席で
あの4地域はもう大丈夫?
トラックか?軽トラックか?
結論は下道
ドタキャンされてもニッコリ笑顔で
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は& 二七三は津波。東北地方太平洋沖地震 &津波。クレーン付き積載車で0泊3日の弾丸ボランティアを週に1~2回。全国からの支援が届きにくい地域に東京から直送中。ご協力をお願いします。〒100-8799 銀座郵便局私書箱469号 救援物資係 ※ガス欠や脱輪、パンクは1万円。積み込み回収は7万円。迷惑ボランティア!と言われる前にこっそり呼んでね

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。