このブログは更新を終了しました。
ネットで見かけただけの見ず知らずの私に、たくさんの物資を託してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

このブログは、支援やボランティアが必要だった「震災直後の記録」として、そのままの状態で残します。

これからは、物資の支援から、消費の支援へ。
被災地に行ってお金を使おう!

次の 2つのサイトを進めています。

&津波 アーカイブズ
http://and273archives.blog.fc2.com/


超私的な被災地ガイド
http://and273pg.blog.fc2.com/


今後の連絡先 and_273
LINE 微信 QQ

Aug 23, 2013



趣味が高じて買った積載車(クレーン付き)で週に1~2回、水没車を引っ張ったり吊り上げたりしています。
当初は空荷で往復してましたが、現在は皆さまからの救援物資も直送中。
「災害派遣車両」として高速道路が使えるようになり、ブログを始める余裕ができました。

東京での想像と、現実とのギャップ。
これを、少しでも埋めたいんです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クルマの趣味が高じて買った積載車(クレーン付き)で週に1~2回、被災地で水没車を引っ張ったり、吊り上げたりしています。
……と書いたり言ったりすると、必ず聞かれること。

「水没車って、どうですか?」

重いですよ。
海水をたっぷり含んだ自動車は予想以上に重いです。
しかも、「ここだと取りにくいかな?」的な、ゲームセンターのUFOキャッチャーみたいな配慮は何もない。
水没車のすぐ隣にトラックを停められるわけじゃないんです。

クレーンって、ブーム(アーム?)の長さを2倍にすると、吊れる重さは半分になるじゃないですか。
3倍に伸ばすと、3分の1じゃないですか。
そうすると、2tのクレーンでも、実際には 600~700kgぐらいが限界。
変な場所にあると、軽自動車ぐらいが限界なんです。
水没してなくても。

それがあなた、メルセデス・ベンツみたいな、ただでさえ車重2tぐらいの高級車が、たっぷりと海水を含んでるんですよ。
大型車じゃないと吊れないような重い水没車が、大型車が入れないような場所に転がってたり、引っかかってたりするわけです。

で。
クルマが好きな人にとっては、思い入れのある大切な愛車ですけど。
他人にとっては、迷惑きわまりない邪魔な鉄のかたまりなわけですよ。

「お兄さん、これ動かせないかなぁ?」
「こんなところに停められて、邪魔で邪魔で困ってるんだよ」

持ち主も、好きで停めたわけじゃないと思うんですけどね。
いつ取りに来るとか、引き上げるとか、連絡ないんですか?

「それが、何も言ってこないんだよ」

向こうも、大切な愛車がどこに流されたか、探してるんだろうなぁ。

「持ち主が生きてれば、だけどね」

……。

まぁ、とりあえずやってみましょうか。
でも、そんな奥じゃ、届くかどうかギリギリだし。
しかも、かなり重そうだなぁ……

クルマが好きな1人として、他人様の愛車も傷つけたくないし。

「このパン、あげるから」
「頼むよ」


で。
いっぱいまで伸ばしたブームがギシギシと音を立てたり。
ウィーーーーン、ガガガガとか言って、止まったり。
あわててレバーを逆に入れても、動かなかったり。

(ガガガガって、何の音だろ?)

で。
引っ張ってるつもりが、トラックのほうが引っ張られてたり。
トラックが傾いたり。
トラックが動かないようにしたら、ワイヤーが切れたり。

まぁ、いろいろあります。

トラックとか、クレーンとか、ウィンチとか。
その辺についても、だいぶ鍛えられました。


ひとつ、厄介なのは所有権とか財産権というやつ。

自動車の場合は、不動産じゃなくて、動産。
他人が勝手に処分するわけには、いかないんです。

所有者に無断で積載車に積んで、どこかに走り去るわけには、いかない。
それは、刑法で言うところの窃盗罪。

こういう非常事態で、そんなこと言うヤツいるか?……と言う人もいるけど。
大切な愛車を勝手に持ち去られたら、と。
やっぱり、そっちの視点で考えちゃうわけです。

なので。
玄関や店の入口が、出入りできるようにしたり。
商店街の歩道をふさいでるのを、車道に出して、路駐してる形にしたり。
歩道の上でも、せめて、車道と平行に、歩行者や自転車が通れるようにしたり。
動かすといっても、その程度です。

でも、これがえっらい感謝されるんだな。
菓子パンももらっちゃったし。

あ。
たかが菓子パン1個、とバカにしちゃいけませんよ?

現地では、とてもとても貴重な食料の1つ。
それをくれるってことは、どれだけ喜んでもらえてるか!ってことです。
たぶん。


水没車については、いろんな話があるんですけど。
今回は、この辺で。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
水没車を回収するシステム
NEW Topics
基本セットで月8万円?
トヨタさん、ありがとう
迷惑ボランティア!と言われないために
お礼をいただきました
業者は敵か?
善意と商行為の境界線
ドナドナ
夕方に着いてしまった
被災地でのJAFM活動を始めました
もう1本の耳かき運動
まだそういう段階なんですか?
漁師さんはお金持ち?
個人ボランティアさんの故障とか
大人のオモチャ
利点もあるよ
Twitterとインターネットの欠点
続・お礼と物資のリクエスト
Twitterと日記とブログの違い
おばあちゃんに教わろう
仙台の牛タンがおいしい理由
ご提供ありがとうございます
戦争の時よりひどいですか?
被災されたあなたへのレクイエム
3個のリンゴと5人の村人
必要な生活物資
マイカーがダメなら助手席で
あの4地域はもう大丈夫?
トラックか?軽トラックか?
結論は下道
ドタキャンされてもニッコリ笑顔で
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は& 二七三は津波。東北地方太平洋沖地震 &津波。クレーン付き積載車で0泊3日の弾丸ボランティアを週に1~2回。全国からの支援が届きにくい地域に東京から直送中。ご協力をお願いします。〒100-8799 銀座郵便局私書箱469号 救援物資係 ※ガス欠や脱輪、パンクは1万円。積み込み回収は7万円。迷惑ボランティア!と言われる前にこっそり呼んでね

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。