FC2ブログ



このブログは更新を終了しました。
ネットで見かけただけの見ず知らずの私に、たくさんの物資を託してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

このブログは、支援やボランティアが必要だった「震災直後の記録」として、そのままの状態で残します。

これからは、物資の支援から、消費の支援へ。
被災地に行ってお金を使おう!

次の 2つのサイトを進めています。

&津波 アーカイブズ
http://and273archives.blog.fc2.com/


超私的な被災地ガイド
http://and273pg.blog.fc2.com/


今後の連絡先 and_273
LINE 微信 QQ

Aug 23, 2013



趣味が高じて買った積載車(クレーン付き)で週に1~2回、水没車を引っ張ったり吊り上げたりしています。
当初は空荷で往復してましたが、現在は皆さまからの救援物資も直送中。
「災害派遣車両」として高速道路が使えるようになり、ブログを始める余裕ができました。

東京での想像と、現実とのギャップ。
これを、少しでも埋めたいんです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回、東京に帰った際に、久しぶりに師匠のところに行ってきました。

あまり詳しくは書けないけど、ある自動車メーカーのテストドライバーだった人。
私が運転免許を取ってすぐ、師匠に紹介された師匠。
ことあるごとにお世話になりながら、もう20年以上の付き合いになります。

発電機とか、水没した自動車に関することとか。
あるいは、水没に近い状態をくり返しながら酷使されている、長期ボランティアさん達の愛車のメンテナンスとか。
その辺の相談に行ったわけです。

ところが。
「あの軽トラックは?」と聞かれまして。

2ヶ月ちょっと前、震災の直前に買った、こだわりの軽トラック。
本田宗一郎さんが生きていた頃の、平成元年式。
5速マニュアル、4WD、そして寒冷地仕様。
……とか、語り出すときりがないのですが。

業者オークションで、落札価格2万4千円。
仙台まで電車で取りに行ったら、エンジンがかからなくて。
ムダに新幹線で帰ってきて、あらためて積載車で引き取りに行ったり。
10万円ぐらいかかって、ようやくエンジンがかかったところ。

実際に所有してみると、わかるはず。
軽トラックが1台あると、ものすごく便利なんですよ。
旧規格の550cc、今となっては小さい車体。
毎日の仕事で使うわけじゃないから、そんなポンコツ車でも十分なの。

あっちこっち、少しずつ直しながら、大切に乗り続けよう。
そういうつもりで買ったんですけどね。

ダメだと言われました。

「これだけ中古車が足りない、軽トラックが足りないと言われて、みんな困ってるのに」
「こっそり隠し持ってて、何がボランティアだ」
「被災地で売ってこい」


そんなわけで。
人によってはゴミ!とまで言う、こんなポンコツ車でお金を取るんですか?……という気持ちと。
誰も買わないでほしいなぁ、売れないでほしいなぁ、これは死ぬまで手元に置いときたいのよ。……という気持ちと。

その両面を抱えながら、今回の積載車の荷台には、この軽トラックが1台。

後ろから見ると、普通の軽トラック。
しかも、リアルタイム4WDとか書いてあるんだけど。

前にまわってみれば、平成元年式の丸2灯。
ボディはあっちこっちサビだらけ。
普通に考えれば、お金を払って処分してもらう系統。

積載車に積んで、いつものルートで被災地の皆さんに見せてきましたけど。
やっぱり、こんなポンコツは誰も買いませんでしたよ?
……と、言い訳するために積んできたわけです。


そして、案の定。

「これ、4WDだよね」
「5速マニュアル?」
「こっちは狭くて急な坂が続くから、冬は4WDじゃないとダメなんだよ」
……などと、興味を示してくださる方は、多数おられましたけど。

「これ、いくら?」

本田宗一郎さんが生きていた頃の、こだわりの1台。
2万4千円で落札してから、10万円以上かかってます。
でも、客観的に見れば、ゴミみたいなポンコツ車。
金額は、おまかせします。
……と、素直に言うことで。

「これは大切に持ってたほうがいいよ」
……などと、あちこちで買い取り拒否していただけてたんですけどね。

最終的には、ドナドナされちゃいました。


金額については、あとで決めることにして。
がれきの撤去やら、資材の運搬やら、買い出しやら、軽トラックが足りない。
たくさんの人がボランティアに来てくれても、買い出しに行く自動車が足りなくて、みんながムダにぼーっと待っている、とか。
そんな非効率な現実が、あっちこちで日常茶飯事らしい。

いつ、また壊れるかわからない、こんなポンコツ車。
がれきの撤去が終わるのが先か、この軽トラックが壊れるのが先か、みたいな。
余計に皆さんの足を引っ張ることになりませんか?
……と、そっちが心配になったけど。

そこは、相手もクルマが好きな方。

「思い入れのある大切な1台だということは、よくわかりました」
「この被災地で、動かなくなるまで働かせます」
「こっちが落ち着いてもまだ元気だったら、漁協の人たちに引き取ってもらって、サビて朽ち果てるまで使ってもらいます」
……と、そこまでおっしゃってくださってので、決心しちゃいました。

ふつつかなポンコツ車、いろいろと腹に据えかねることもあるかとは思いますが。
どうか、末長くよろしくお願いします。

♪ドナドナド~ナ~ド~ナ~
♪売られてい~く~よ~

♪行ったきりなら幸せになるがいい~い~
(振り返りざまに車検証を投げる)


次回か、その次あたり、1~2週間後には、どうなるんだろう?

とっくに動かなくなってて、持って帰れと言われるのか?

「これ、見た目はボロボロなんだけど、エンジンだけは調子いいよ」
「よく走るよ」
……とか、言ってもらえるのか?

もし、そんなことを言ってもらえたら。
「ホンダだからね」……と、即答しなくちゃ。

そして。
本当に動かなくなった時には、買い戻して修理しよう。
……と、そんな決意も胸に秘めつつ、空荷になった積載車で東京に帰るのでした。


ホンダの古い軽トラック。
平成元年式の丸2灯、5速マニュアル、4WD、寒冷地仕様。

もし、被災地でそんなレアな1台を見つけたら。
もしかしたら、これかな?
……と、思い出してくださいね。

(ちなみに現在、松本ナンバー)

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
善意と商行為の境界線
NEW Topics
基本セットで月8万円?
トヨタさん、ありがとう
迷惑ボランティア!と言われないために
お礼をいただきました
業者は敵か?
善意と商行為の境界線
ドナドナ
夕方に着いてしまった
被災地でのJAFM活動を始めました
もう1本の耳かき運動
まだそういう段階なんですか?
漁師さんはお金持ち?
個人ボランティアさんの故障とか
大人のオモチャ
利点もあるよ
Twitterとインターネットの欠点
続・お礼と物資のリクエスト
Twitterと日記とブログの違い
おばあちゃんに教わろう
仙台の牛タンがおいしい理由
ご提供ありがとうございます
戦争の時よりひどいですか?
被災されたあなたへのレクイエム
3個のリンゴと5人の村人
必要な生活物資
マイカーがダメなら助手席で
あの4地域はもう大丈夫?
トラックか?軽トラックか?
結論は下道
ドタキャンされてもニッコリ笑顔で
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は& 二七三は津波。東北地方太平洋沖地震 &津波。クレーン付き積載車で0泊3日の弾丸ボランティアを週に1~2回。全国からの支援が届きにくい地域に東京から直送中。ご協力をお願いします。〒100-8799 銀座郵便局私書箱469号 救援物資係 ※ガス欠や脱輪、パンクは1万円。積み込み回収は7万円。迷惑ボランティア!と言われる前にこっそり呼んでね

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。