FC2ブログ



このブログは更新を終了しました。
ネットで見かけただけの見ず知らずの私に、たくさんの物資を託してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

このブログは、支援やボランティアが必要だった「震災直後の記録」として、そのままの状態で残します。

これからは、物資の支援から、消費の支援へ。
被災地に行ってお金を使おう!

次の 2つのサイトを進めています。

&津波 アーカイブズ
http://and273archives.blog.fc2.com/


超私的な被災地ガイド
http://and273pg.blog.fc2.com/


今後の連絡先 and_273
LINE 微信 QQ

Aug 23, 2013



趣味が高じて買った積載車(クレーン付き)で週に1~2回、水没車を引っ張ったり吊り上げたりしています。
当初は空荷で往復してましたが、現在は皆さまからの救援物資も直送中。
「災害派遣車両」として高速道路が使えるようになり、ブログを始める余裕ができました。

東京での想像と、現実とのギャップ。
これを、少しでも埋めたいんです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の「ドナドナ」の最後はウソ。
積載車を途中駅に乗り捨てて、新幹線で青森へ。
そして、翌日(今日)は名古屋へ。

昨日の「ドナドナ」に続いて、また自動車の話。
名古屋での話です。


被災地の沿岸部では大量の自動車が水没して、中古車の相場が上がってしまっている。

リーマン・ショック以降、長期的なビジョンに基づいた景気対策を先送りしてきたために、新車の販売台数も回復が鈍い。
それで、中古車の総数そのものが減っていた。
それに加えて去年のエコカー・キャンペーン。
補助金を出して古い中古車を大量に解体処分したのが、完全に裏目に出てしまっている。

そんなマイナス要因が重なって、業者さん達の中古車オークション(いわゆるオートオークション)で、相場が急上昇。
零細な中古車屋さんには手が出せないレベルになってしまっている。

その一方では、今回の被災地は地方部だという現実。
都市部とちがって、自動車はゼイタク品ではなく、生活必需品。
相場が上がったと言われても、買うしかない。

そこに目をつけたというか、足元を見るってやつか。
ただでさえ相場が上がってる中古車にとんでもない利益を上乗せしている業者がいる。

「この程度のポンコツに、こ~んなムリな値段をつけても、売れちゃったんだよ」
「もう、笑いが止まらないよね」
……などと、喜んでいる業者がたくさんいる。

その辺については、既に報道もされているとおりです。


そこで、今回のテーマが「善意と商行為の境界線」。

クルマが好きで、軽トラックだけでなく、積載車まで買っちゃうほどの重病人ですから。
クルマが好きで、周りの友人知人に頼まれて中古車を探したり買ったり売ったりしているうちに、中古車屋さんになりつつあるような人も、あちこちで知ってるわけです。

で。
名古屋や大阪や岡山あたりの、そういう人達からのお話し。

オークションで探して、落札して、手数料を払って、名古屋なり大阪なり岡山まで運んで。
それから、関東なり東北なりへ送る。
中古車の相場が上がってることに加えて、その辺のコストは上乗せされちゃうけど。

でも、こういう状況だから、利益は要らない。
かかったコストだけで何台でも渡すから、車種とかのニーズを聞いてきて。
……と言われたのさ。


これが、なかなか微妙なんです。

善意からの申し出なのは、間違いないんだけど。
そんな中古車を預かって被災地に持って行って、果たして本当に、その「希望価格」で売れるのか?
間に入った私が「ぼったくり業者」呼ばわりされて、終わりじゃないの?

売れなかったら、どうするの?
遠路はるばる東北というか、三陸沿岸まで積んできて。
それをまた、名古屋なり大阪なり岡山まで、持っていくの?
それって、私の自腹?

値段を下げなければ売れない、となった時に。
そのマイナス分も、やっぱり私の自腹?

それとも……
ある程度の台数は、そうなることを予め想定して。
それでもトータルではマイナスにならない程度に、利益をのせるべき?

でも、被災した人からお金を巻き上げるの?
それって、ぼったくり業者と同じでは?


……というあたりに、結論は出ず。
とにかく、お試しで1台、やってみようよ、となりまして。

名古屋から預かった1台を、被災地へ。

ホンダのアクティという軽自動車、いわゆる箱バン。
5速マニュアル、4WD、エアコン付き。
予備検査に合格してるから、法定費用(自賠責と重量税)だけ払えば、すぐに登録して乗れる。
ただし、平成4年式、走行18万キロ、見た目もボロボロ。
Yahoo!オークションなんかだと、「年式相応」とか書かれるレベルだけど。

震災前の相場感覚だと、せいぜい2万円か3万円じゃないの?
……というのが、私の印象。

そんなポンコツを5万5千円で落札。
オークション業者への手数料が2万5千円。
名古屋までの陸送料が1万5千円。
ここまでで9万5千円。

これに、明日の予備検査の受検料と、名古屋から三陸までの私の燃料代として、5千円を加えて、合計10万円。

こんなポンコツ車が10万円?
法定費用の約4万円を加えたら、14万円だよ?

売れるわけないだろ!
……という言葉を、グッと飲み込んで。

んじゃぁ、売れないことを確かめてくるよ。
……と、預かってみました。

今から、この箱バンで名古屋を出発、東京経由、被災地に向かいます。


え?
売れなかったらどうするって?

私が買い取りますよ。

え?
値引きしないと売れなかったら?

私がかぶりますよ。

その程度のリスクにビビッてたら、自腹の個人ボランティアなんか、できません。
(今までに、いくら使ったと思ってるの?)

私が買い取って、被災地での足に使うとか。
積載車は被災地に置きっぱなしにして、東京との往復に使うとか。
そんな感じで、いいんじゃないの?

(ちっとも良くないけど)


震災前の、東京での感覚だと、せいぜい2~3万円のポンコツ車。
これを今、被災地に持って行くと10万円。

そこが、善意と商行為の境界線。

自腹を切ってでも、安く提供するべきだ!と言う人あり。
被災者が相手でも、きちんと利益を上乗せするべきだ!という人あり。

あなたは、どっち派?

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
業者は敵か?
NEW Topics
基本セットで月8万円?
トヨタさん、ありがとう
迷惑ボランティア!と言われないために
お礼をいただきました
業者は敵か?
善意と商行為の境界線
ドナドナ
夕方に着いてしまった
被災地でのJAFM活動を始めました
もう1本の耳かき運動
まだそういう段階なんですか?
漁師さんはお金持ち?
個人ボランティアさんの故障とか
大人のオモチャ
利点もあるよ
Twitterとインターネットの欠点
続・お礼と物資のリクエスト
Twitterと日記とブログの違い
おばあちゃんに教わろう
仙台の牛タンがおいしい理由
ご提供ありがとうございます
戦争の時よりひどいですか?
被災されたあなたへのレクイエム
3個のリンゴと5人の村人
必要な生活物資
マイカーがダメなら助手席で
あの4地域はもう大丈夫?
トラックか?軽トラックか?
結論は下道
ドタキャンされてもニッコリ笑顔で
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は& 二七三は津波。東北地方太平洋沖地震 &津波。クレーン付き積載車で0泊3日の弾丸ボランティアを週に1~2回。全国からの支援が届きにくい地域に東京から直送中。ご協力をお願いします。〒100-8799 銀座郵便局私書箱469号 救援物資係 ※ガス欠や脱輪、パンクは1万円。積み込み回収は7万円。迷惑ボランティア!と言われる前にこっそり呼んでね

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。