このブログは更新を終了しました。
ネットで見かけただけの見ず知らずの私に、たくさんの物資を託してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

このブログは、支援やボランティアが必要だった「震災直後の記録」として、そのままの状態で残します。

これからは、物資の支援から、消費の支援へ。
被災地に行ってお金を使おう!

次の 2つのサイトを進めています。

&津波 アーカイブズ
http://and273archives.blog.fc2.com/


超私的な被災地ガイド
http://and273pg.blog.fc2.com/


今後の連絡先 and_273
LINE 微信 QQ

Aug 23, 2013



趣味が高じて買った積載車(クレーン付き)で週に1~2回、水没車を引っ張ったり吊り上げたりしています。
当初は空荷で往復してましたが、現在は皆さまからの救援物資も直送中。
「災害派遣車両」として高速道路が使えるようになり、ブログを始める余裕ができました。

東京での想像と、現実とのギャップ。
これを、少しでも埋めたいんです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
積載車ならではの、先日のブログに書いた話。
JAFM活動、出動となりました。


他人さまの事故やトラブルのことを、詳しく書くわけには、いかないんだけど。

個人ボランティア参戦のために、遠路はるばる被災地まで自分で運転してきて。
疲れたのか、大きな段差(穴ぼこ?)に脱輪。
ところが、タイヤにもホイールにもダメージはない。
安心したんだけど、ところがどっこい。
ダラダラとオイル漏れしてるのを見つけて、エンジンをストップ。
自走をあきらめた、というお話。

現場に着いてみれば、個人ボランティアさんは無事。
だけど、車両は自走不可。

子どものケガでも、よく言うじゃないですか。
頭をぶつけた時に、タンコブができてれば大丈夫。
かなりの衝撃だったはずなのに、タンコブも出血も何もない時のほうがヤバイって。

クルマもそれと同じようなところがありまして。
普通に、タイヤが破けてパンクしたり、ホイールが傷ついたりしていれば大丈夫。
それだけならば、数万円で済んだのに。

タイヤもホイールも無事だけど、サブフレームなり、フレームなりが動いてしまってて。
もしかしたら、落ちた衝撃でエンジン本体にもダメージが?
……という、けっこうな金額がかかりそうな状態。

……なんてことは、素人が勝手な推測で語ってはいけません。

お身体が無事でよかったですね。
今から出発して、**県まで行きましょう。
そこの修理屋さんとは、もう話がついてるんですよね?


そんなわけで、被災地に着いてすぐ、関東地方の**県まで逆戻り。
しかも、ボランティア仲間のある人からのお話なので、燃料代ぐらいの安い金額で。

いい年したオッサンが、積載車を使って、**県と被災地を1~2日かけて1往復して、1円も稼げていない、という。
これぞ、まさに個人ボランティアの醍醐味?


そんなわけで。
その個人ボランティアさんを助手席に、お互いのボランティア活動で見聞きした話などで盛り上がりつつの、高速道路。

ここで、トラブルが発生です。

キュルルルル!という、ベルトが空回りするような音がして。
直後にブチッ!と、ベルトが切れるような音がして。
ゴムが焼けたり熱で溶けたりするような、焦げくさいニオイが立ち込めてきて。

何が起きたんだろう?
ベルトだとしたら、ファンベルト?
エアコンベルト?

ベルトが切れた時に、その破片が周りの何かを叩き壊してるかも?
……と、電圧と水温に注意しながらスロー走行。

故障車を積んで走ってる状態で、積載車までが故障。
シャレになりませんわ。


高速道路を走りながらの、とりあえずの結論はエアコンベルト。
仮に発電しなくなってたとしても、もう明るくなってるし、ディーゼルだから、そんなに電気は使わない。
……はず。

まずは、この個人ボランティアさんのクルマを、ご希望の修理屋さんに届けて。
この個人ボランティアさんのご紹介で、地元のトヨタのディーラーへ行ったのさ。

エアコンベルトが切れている、という診断。
そして、その破片がパワステのバキューム管を2本、叩きちぎってしまってるという診断。
見積もりは諭吉さんが1枚。

そのぐらいなら大丈夫。
クレーン付き積載車でのボランティア活動、まだまだ続行です。


被災地では、全国から来た個人ボランティアさん達の愛車がトラブルを起こす例がある。
その一方で、被災地では、修理屋さんも被災されている。
仕事をする以前に、自分の家とか家財道具とか家族とか親戚とか友人の安否とか。
もちろん、彼らの積載車やレッカー車も水没してしまっている。

そこに、この積載車が活躍する余地がある、はずだ!
……と、思ったんですけどね。

トラブった車両を積んで走ってるときに、自分も一緒にトラブってどうする。

ベルトが切れてから部品を取り寄せるのではなく、切れる前に交換しておく。
6ヶ月毎とか12ヶ月毎の、定期点検ってやつ。

被災地に行くなら、そのぐらいのメンテナンスは出発前にやっておこう。
これが、迷惑ボランティア!と言われないためのコツですね。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
トヨタさん、ありがとう
NEW Topics
基本セットで月8万円?
トヨタさん、ありがとう
迷惑ボランティア!と言われないために
お礼をいただきました
業者は敵か?
善意と商行為の境界線
ドナドナ
夕方に着いてしまった
被災地でのJAFM活動を始めました
もう1本の耳かき運動
まだそういう段階なんですか?
漁師さんはお金持ち?
個人ボランティアさんの故障とか
大人のオモチャ
利点もあるよ
Twitterとインターネットの欠点
続・お礼と物資のリクエスト
Twitterと日記とブログの違い
おばあちゃんに教わろう
仙台の牛タンがおいしい理由
ご提供ありがとうございます
戦争の時よりひどいですか?
被災されたあなたへのレクイエム
3個のリンゴと5人の村人
必要な生活物資
マイカーがダメなら助手席で
あの4地域はもう大丈夫?
トラックか?軽トラックか?
結論は下道
ドタキャンされてもニッコリ笑顔で
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は& 二七三は津波。東北地方太平洋沖地震 &津波。クレーン付き積載車で0泊3日の弾丸ボランティアを週に1~2回。全国からの支援が届きにくい地域に東京から直送中。ご協力をお願いします。〒100-8799 銀座郵便局私書箱469号 救援物資係 ※ガス欠や脱輪、パンクは1万円。積み込み回収は7万円。迷惑ボランティア!と言われる前にこっそり呼んでね

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。